飛距離アップ 体重移動をマスターする【スコアアップへの道】

正しく手で打てるようになれば、普段のスイングでは
飛ばせることがわかりました。ただ飛距離を伸ばすには
やはり体を使う必要があります。

ゴルフ 飛距離アップ

重要なのは関節をやわらかく使った体重移動です。
スイング中に体重を移動させることで、手打ちにパワーを
注入するのがポイントです。

股関節を柔軟にして体重移動を行う

スイング中は、テークバックからハックスイングで右に、
切り返しからフィニッシュでは左に体重を移動させます。

右から左へと体重移動しながら打つことで、クラブヘッドを
加速させて、飛距離を伸ばすことができるわけです。

ところが、これができないゴルフファーがたくさんいます。
中でも多いのは、バックスイングで右に体重を移動したものの、
左に移せず右体重のままインパクトする形。こうなる原因は
スイング軸を背骨と考えているからです。

体重移動の軸となるのは、背骨ではなく左右の股関節です。
軸というよりも支点と考えた方がいいでしよう。

バックスイングでは右、切り返し以降は左の股関節を支点にして
体を回せば、自然に体重移動ができるのです。

ただ、股関節が固いと体重が乗りにくくなります。右に乗りやすく、
左は乗りにくいという人は、左股関節が固くなっているかもしれません。

股と両足の2等辺3角形を崩さない

スイングは支点と面の動きと考えるべきで、尾てい骨の先端が
支点となります。スイングをスタートし、テークバックから
バックスイングに至る過程で、右股関節の先端に支点が移ります。
これに連動して胸の面が右に動いていきます。

ダウンスイング以降は支点が左股関節に移り、胸の面が左を向く。
つまりは支点の移動に伴って、胸の面が入れ替わるわけです。

ここでポイントになるのが尾てい骨。尾てい骨の位置を体の中心に
保っておくことで、はじめて正しく面が入れ替わる。言い換えれば
正しく体を回せるのです。

イメージ的には、股と両足でできる二等辺三角形を歪ませずに
動かすこと。二等辺三角形の頂点上で体が回っているイメージ

スイング中に二等辺三角形が直角三角形になる人がいますが、
これは明らかにスエー。尾てい骨が体の中心からずれている状態です。

正しく動くには股関節や足首の柔軟性が必要となりますが、
これはスイングに限らず、ケガをしにくくなるなど日常生活
でも役立つものなので、ぜひ身につけてください。

足からクラブへ トルネード・スイング

股関節を支点にした体重移動がわかったところで、理想のスイングに
ついて考えてみましょう。体の下から上に回転の力が働くスイングです。

上から下に回転が下りてくるスイングではなく、下から上に竜巻のように
巻き上がっていくものです。名付けて「トルネード・スイーング」。

足から体幹に、体幹から腕に、腕からクラブにと、回転が下から上に
連動していきます。野球のイチロー選手や松井秀喜選手のいい時の
スイングは、まさにそうしたトルネードスイングになっています。

飛距離アップのために、手打ちをマスターしてから重心移動の話に
触れましたが、実際には下半身がリードして腕が振られるスイングが
埋想なのです。

こうしたことから、まずはアドレスでしっかりと前傾して、母指球に
体重を乗せてください。ここから股関即を支点に体幹を回し、腕を振る。
そうして最後にクラブが勢いよく振れるのです。

そうなれば自ずとへッドスピードがアップして、大きな飛距離を
得られるのです。