スタンスの向きがそもそも違っていないか【スコアアップへの道】

体がターゲットに対して右や左を向いているアドレスに
なっていないかを確認することは重要です。

ゴルフ スタンス

体か開かないようにセットアップすること。

本人はターゲットを狙って向いているつもりですが、
足元にクラブを置いてアドレスを解き、後方から見ると
ビックリ仰天、ということがよくあります。

とはいえ、誰もが厳密に向かなければダメ、というわけ
ではありません。許容範囲内であれば右や左を向いても
OKなのです。

理由は、スタンスの向きは股関節の固さによってアレンジ
していいからです。人により左右の股関節は固さが違います。
右の股関節が固いとバックスイングが入りづらく、左が固いと
フィニッシュで左を向ききれません。

前者ではスクエアアドレスを右足を半足分下げてクローズ
にしたほうが、後者では同じ幅だけ左足を下げてオープン
で構えると体の回転を助けられるのです。

ただ、いずれのケースでもスクエアに構えることが前提。
スタンスラインは変えても、体のラインが閉じたり開いたり
してはいけないからです。

ショットルーティンでのひと工夫

アドレスでは目標にまっすぐ向くことが大事ですが、
それに集中しすぎるあまり体が固まってしまうことがあります。

これでは肝心のスイングで体が動かなくなります。そこで
アドレス後もスイングしやすい状態を保てるブレショット・
ルーテインでのひと工夫を紹介します。

ドライバーのように遠くのターゲットを目指して打つクラブでは、
ポイントを狙うよりはエリアを狙つたほうがプレッシャーを
軽減できます。

さらに打つ前に空中に大きな輪をわ描き、その中を通すように
イメージすることでゆったり振れるようになり、打球が曲がり
にくくなります。

打つ前に軽くジャンプを繰り返すのもいい方法です。
上体から力が抜けるだけでなく下半身がどっしりするからです。
体のバランスがアドレスに最適な状態になります。

それでも下半身にどっしり感が足りないと思ったら、
フロントランジを行いましょう。重心を下げる効果
があるので有効です。

上体をリラックスさせ腕を振りやすくするには、右手1本での
素振りがおすすめです。カが抜けるだけでなくへッドを走らせる
感じを体c覚え込ませることができます。

スイングリズムはタオルを振って身につける

スタンスが上手くできるようになったら、今度はスイング。

日本のゴルファーの間には「ゆっくり振らなきゃいけない」
という定説があるようですが、ゆっくりには限度があります。
ゆっくりすぎるとへッドスピードが上がらず、ボールが
飛ばないからです。

そこで提案。タオルの先端に結び目をつくって振ってみましよう。
ゆっくりすぎるとタオルの先端が動きませんが、それよりやや速く、
丁度良いゆっくりさ、つまりゆったりといった感じにすると
先端が動きます。先端が動くということは、へッドスピードが
出ているということです。

このゆったりのリズムというのは、歩くリズムといっても
いいでしよう。歩くリズムは人それぞれ固有のものですが、
普通に歩いているときは概いて気持ちがいいもの。

その気持ちの良さをスイングでも感じるようにするのです。

また、左右に連続して素振りができる状態もいいリズムです。
連続素振りは一定のリズムでないと続きませんし、リズムよく
振れればクラブを上げる時と下ろす時のスピードが同じになり、
スイングにとって理想的な振り子運動になります。