飛距離アップ 腕の振りをマスターする【スコアアップへの道】

いうまでもありませんが、日本人と欧米人では骨格が違います。
その違いが、日本人と欧米人のスイングの違いに反映されています。

ゴルフ 飛距離アップ

ボディターンがしにくい日本人は手打ちをマスター

日本人の場合、欧米人に比べて骨盤の前傾角度が小さく、
アドレスしたときにお尻が落ちやすい傾向にあります。

ボディターンで打つには、骨盤の前傾角度を保つことが絶対条件と
なります。後傾するとスエーしやすくなるからです。つまり、元々
骨盤が前傾している欧米人にとってボディターンは非常に有効ですが、
前傾の少ない日本人にとっては無理を強いられる方法なのです。

そこでクローズアップされるのが腕です。体だけでなく腕を重視し、
積極的に使うことで精度の高いショットが打てるようになります。

ただし、ここで言う腕とは肩甲骨から先と考えてください。肩甲骨から
手までの間には、肩・肘・手首と3つの関節があります。

これらを連動させることで腕のしなりが使えます。肩から先を1本の
シャフトのよラに使えば、どんな長尺クラブよりも長いので、これに
体の動きが加わるので飛んで当たり前なのです。

肩、肘、手首を使って腕のしなりを生かす

肩から先の関節を柔らかく使えれぱ、体を使わなくても飛ばせます。
もし足を揃えて腕だけで振る方法でポールが飛ばなかったら、関節を
柔らかくしましょう。

試しに、右手を前に出して手首を左右に回してください。拳をギュッと
握っていなけれぱ、肩から先の関節はスムーズに動きます。

一方、拳をギュッと握っていると手首を回す動きがぎこちなくなります。
要するに不要な力はマイナスということ。すべての関節に言えることです。

また、腕を振る際には連動性も重要です。すなわち、肩、肘、手首と、
体に近いほうから動かしていくことです。

さらに、強く振るだけでなく、フォローでは左肘を上手く使いましよう。
インパクトからフォローでは、手首・肘・肩の順に曲がっていきます。
これが左腕の連動した動きになります。