正しいグリップがスイングをスムーズにする【スコアアップへの道】

バックスイングできちんとへッドを上げるには、リストコック
が欠かせません。これができて初めてヘッドを走らせることが
できます。

ゴルフ 正しいグリップ

グリップは手の部分だけではない!

手の平を上に向けた状態と、手の甲が上の状態とでバック
スイングすると、後者の方が上がりやすいことがわかります。

前者はテークばっくで腕を捻らなけれぱならないから。

これに対し、ストロンググリップを極端にした後者では、
腕を捻らずにテークバックできリストコックも自然にできます。

このことからわかるように、グリップは手の部分だけではなく、
肩から肘の上腕部、肘から手首の前腕部、そして手の3つが
捻れないよう握らなければいけません。同じ方向を向くように
グリップをつくりましょう。

縦はしっかり、横は柔らかく

正しいグリップの握り方を実践してみきしょう。

まず、右手にクラブを持ち左手をだらんと垂らしてください。
こうすると、左手の甲が少しだけ前を向ききます。このとき、
手、前腕部、上腕部の3つは同じ方向を向き、自然な状態に
保たれています。

つまりこのままクラブを握れぱ、3つのパーツが捻れていない
形になるというわけです。

さらにクラブを握った左手に注目してください。左手がやや
かぶったストロンググリップになるはずです。

この状態はクラブヘッドが返りやすく手や腕の機能を生かせる
ストロンググリップが実現しています。

ではクラブを動かしてみましょう。スイング中、クラブは縦と
横に動きますが、ここで問題になるのが握る強さです。
柔らかく握るのか、固く握るのか?実はどちらも正解です。

というのは、縦の動きについては固さが、横の動きは柔らかさ
が求められるからです。双方の動きがしやすいように握れれば
グリップは完成です。