ゴルフ賞金女王のアプローチから学ぶ【スコアアップへの道】

ゴルフ アプローチ

ドライバーの練習は好きだけど、アプローチは…という人は
少なくないです。ついついおそろかにしてしまいがちですが、
ティーショットもアプローチも同じ一打。

今回は、イ・ボミのアプローチについて彼女の考え方を
抜粋してポイントをまとめてみます。

ひとつの打ち方で1メートル手前に寄せる

アプローチとは寄せるもの。プロはときたまカップインを狙う
こともありますが、それとて寄せる延長線上での話。
「こう寄せれば入るかもしれない」という発想でトライします。

私はアプローチが得意ではありませんでした。リカバリー率が低く、
グリーンを外したときにはよくボギーを打っていました。

アプローチをうまくするには、カップの1メートル手前に止める
イメージで打つこと。
練習では1メートルショートさせるくらい
が丁度いい。

アマチュアの方がプレーするコースは、トーナメントコースのように
設定が難しくありません。ですから、まずひとつの打ち方を覚えて、
クラブを替えることでアプローチのバリエーションを増やすのが
いいと思います。

アプローチでは左足体重でアドレス

アプローチのべーシックはピッチ&ラン。キャリーとランが5:5の
割合になるように打つのが基本です。これを基準にアプローチする
状況やグリーンのコンデイションに合わせ、高いボールや低いボール
を打つ。こうしてキャリーとランの割合を変えるなどして寄せ方を
アレンジしています。

アプローチで大事なのはアドレス。構えをキーブしたまま打つ
イメージが必要だからです。

ピッチ&ランのアドレスでは、左足に多めに体重を乗せます。
アプローチではボールを飛ばさなくてもいいので、スイング中に
体重移動をする必要はありません。

また、軸をブラさず決めたポイントでボールをとらえるうえでも
左足体重はとても有効なのです。左足体重で構えたら、打ち終わる
まで左足体重のままでいます。打ち終わってから左足体重の度合い
が増えることはあっても減ることはありません。これを心がける
だけでもすくい打ちは減ると思います。

ハンカーショットは砂を打つ

バンカーショットではボールを打たないということです。何を打つ
のかといえば砂。ボールの手前の砂を打っつもりでそこにへッドを
落とし、砂を飛ばすイメージで振ればボールは勝手に出てくれます。

それにはまず、砂が飛ぶように構えなければなりません。ボールに対し
フェアウエイから打つのと同じようにアドレスした場合…。

ボールの手前を打つとダフリますから、誰もがロフトを立てて上から
ボールを打つイメージをもつと思います。でも、バンカーでこのような
イメージをもって打ったら飛びすぎてしまいます。

フェア一エイバンカーから打つ場合なら構いませんが、ガードバンカー
ではグリーンをオーバーするでしよう。また、ミスしてダフるとクラブ
のリーディングエッジが砂に刺さってボールも砂も飛びません。

これらを防いで砂を飛ばすには、少しフェースを開いて構えることです。
そもそもサンドウェッジにはバックフェースのソール側にバンスと
呼ばれる出っ張りがついていて、フェースを開くとバンスが下を向く
ようになっています。

この状態でスイングすると、リーディングエッジが刺さることなく
砂を飛ばすことができるのです。ポールの手前を打つので、ポール位置は
真ん中より左。ヒザを曲げて重心を下げ、さらに左足に体重を多めに
乗せておくとポールより下を打ちやすくなります。

管理人のまとめ

どれをとっても、ホホー、なるほどーとうなずいてしまう。

あれこれ考え過ぎず、自分で決めたシンプルなルールに従って
繰り返し練習し場数を踏むというのが大切だと感じました。

引用・参考文献:イ・ボミのおしえ(主婦の友社)