アドレスの姿勢と重心【スコアアップへの道】

アドレスの重心を意識したことがあるでしょうか?
もしなけれぱ、この機会に意識してみましょう。

ゴルフ アドレス

自分の重心を確認する

まず普通にまっすぐに立ってみてださい。この時、重心はくるぶしの
真下にあります。目を閉じてみるとそれを感じることができます。

感じられなかったとしても、つま先やかかとに重心があれぱすぐに
わかるはず。重心がズレている人は普段らまっすぐ立てていません。

次にアドレスの体勢をとってみましよう。いつもやっている形で
上体を前傾させてください。するとまっすぐ立ったときに比べて、
重心が前に移動することがわかると思います。

そしてこの位置は、通常親指の下の母指球と、土踏まずの後ろの
部分の間になります。

この範囲に重心を感じることができるアドレスならば、前後左右
どこから押されてもバランスを崩すことがありません。

多くのアマチュアの方は重心がかかと寄りになる傾向がめるので、
軽く押されただけでよろけてしまいます。これはスイング中に
バランスを崩すことにもつながるので、アドレスでは最適な位置に
重心を感じられるようにしましょう。

安定した重心となるアドレスのつくり方

安定したアドレスのための重心位直がわかったところで、
そのように構えるための方法をお教えしましょう。

はじめにドライバーのスタンス幅をイメージして両足を開き
四つん這いの姿勢をとってみてください。ちなみにスタンス幅は
肩幅と同じなどと言われていますが、身長や体型によって違って
当然なので、自分に最適と思われる広さにしておけばOKです。

その姿勢から、徐々に体を起こしてきて、両手を膝に当てた
体勢になります。野球の守備の基本姿勢のような感じです。
実はこの時すでに、重心は理想的な位置になっています。

そのまま膝から両手を離しクラブを持った形を作ってみてください。
こうするだけで誰もがアドレスに最適な重心になります。

重心位置だけではありません。この姿勢をとることで股関節の角度も
スイングするのに最適な状態になっています。腰から上体を折って
背中が丸まっていた人もこの方法なら股関節から上体を曲げらるので
背筋も伸びているはずです。

意識の向きと体の向きを一致させる

安定したアドレスが身についても、コースでラウンドをする時には
2つの要素を満たさないとボールを曲けてしまいます。

2つとは体の向きと意識の向き。アべレージゴルフアーの大半が
意識の向きより体が右に向いてしまいます。

構えるときに基準となるのは、ボールとターゲットを結ぶライン。
第一にこれを設定します。ターゲットに飛ばすにはクラブフェースを
正確にターゲットに向けなければなりませんから、フェースをスクエア
にセット。フェースの向きを変えないようにグリップします。

次はボールラインですが、これはクラブのシャフトを禾用することで
目安が作れます。ターゲットラインと直角に交わるボールラインが
設定されます。

ボールラインが決まったらスタンスします。ターゲットラインと平行
になるスタンスラインに合わせて立ちましょう。あとはターゲットに
意識を向けましょう。